漫画、小説、アニメ、ゲーム、酒、音楽。   現在見てるアニメ:UQ HOLDER!、血界戦線 & BEYOND、キノの旅 the Animated Series、少女終末旅行
    監督脚本:岩井俊二 出演:伊藤歩、CHARA 他
    ポニーキャニオン
    発売日 : 2000-11-15




    面白かった。



    見る前は、面白そうだけどちょっと暗い雰囲気かなーと思ってましたが、そんな事ありませんでした。

    裏社会の活気が溢れてる。
    こういうの結構好きです。


    ”日本円が強い力を持ち、外国人労働者が日本に押し寄せてくる”という世界。
    そういう外国人から日本は「円都(イェンタウン)」とばれ、また、円を奪っていく外国人労働者達を日本人は「円盗(イェンタウン)」と呼んだ。


    主人公は娼婦のグリコではなく、グリコに拾われた少女なんですね。

    母親の死後グリコに出会った少女が、アゲハと名付けられ、他の仲間に出会い、生きていく。
    登場人物が大体バイリンガルかトリリンガルで、英語、中国語、日本語チャンポンなセリフがおもしろい。


    暴力や犯罪が溢れ、スカっと爽快な話ではないにしても、良い映画でした。


    好きなシーンは冒頭の葬式強行。
    あれは笑ったw

    あとランの所にマオフウ達が来る所。

    ランカッケー!




    映画のラストでは、リャンキがこれからどうなるのか生死が分からない形になってましたが、あいつは悪党ながら良い味出してたから、どうか生きてて欲しいな。




    ちなみに、『Swallowtail Butterfly~あいのうた~』で有名なこの映画。でもあの曲は劇中では使われてなくてエンディングテーマなんですね。
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2014/02/26 23:59】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |





    面白かった。
    今まで気にはなっても見た事無かったんですけど、最近読んだ『R.O.D』と『メグとセロン』のあとがきで立て続けに絶賛されてたので見てみました。



    伏線の張り方が絶妙で、
    『これは後々こうなるんだろうな。』と思ってて期待通りになってくれる爽快感と、『あの時の会話にちょっとだけ出てきたあれがこんな所で!』という意外性の両方が素晴らしいです。


    見て良かった。

    -------------------------------


    DIE HARD2-DIE HARDER-




    飛行機の中で、ホリーを訴えたとか言ってる男。
    途中まで誰だか分からなかったけどあのリポーターか!
    んでまたやらかすのかこいつは。





    今回は特にこれといった仕掛けも無く、普通のアクション映画でしたね。
    まあ面白かったけど。



    ----------------------------




    DIE HARD WITH A VENGEANCE




    カーアクションで興醒め。
    いや、迫力がないとかそういう事ではなく。

    犯人が出す無理難題をクリアするべく、奪ったタクシーで街を突っ走るわけですが、爆弾の前にこれで死人出るだろ。


    他はなかなか面白かったと思います。

    相棒になるゼウスも良かったし、ちょっとした事が伏線になってるのも1作目っぽくて良かった。


    -----------------------------------------------


    LIVE FREE OR DIE HARD




    面白かった。1作目に勝るとも劣らず。

    もうね。
    トレーラーでF-35に狙われて、生きてるはず無いだろ!と。

    車体蜂の巣にされてんのになんで生きてんだよ(笑)。

    最高。


    マシューの成長物語として見ても良かった。
    まあ最後は、素人がろくに狙いも付けずに撃ってよくルーシーに当たらなかったなってのがありますが、そこはご愛嬌。


    その他。
    洋画を見ると色々とカルチャーショックを受ける事がありますが、この映画で言うとトンネル内でのライト点灯。

    アメリカってトンネル内(照明が点いてる所)でライト点けないの!?

    みんな照明が消えてからヘッドライト点けてましたよね。
    日本では照明点いてても車のライトつけるのが当たり前になってるんで驚きました。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2011/08/19 19:14】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |
    エイベックス・マーケティング
    発売日:2008-08-08







    原作より主人公二人の年齢を上げる事で、原作とはまた違った雰囲気の作品に仕上がってました。

    面白かったです。

    原作の傷-KIZ KIDS-をあんまり覚えてなかったのも良かったかもしれません。




    良い意味で普通な感じの青春映画っぽい雰囲気でしたね。



    監督は荻島監督か。

    この監督結構良いかも。きみにしか聞こえないもそこそこ面白かったですし。











    乙一
    角川書店
    発売日:2003-12



    槇原敬之
    エイベックス・エンタテインメント
    発売日:2008-02-06


    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2010/09/23 21:55】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |




    おもしろい。

    空港や機内の仕事の大変さがコミカルにまとめられてて、凄く面白かったです。


    寝てる乗客のカツラのズレを直すシーンは映画公開時にもCMとかで何度も見てたんであんまりインパクトありませんでしたけど、後半の

    「お客様は大丈夫です。」

    にやられたw



    やっぱり矢口監督作品は面白いなー。





    あと、ストーリーには関係ないけど、見学小学生の先頭の女の子かなり可愛い。
    誰だろう。

    FC2blog テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

    【2010/02/02 21:20】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |
    アバター








    誘われて見に行ってきました。


    見る前は
    「皆ただ単に流行りものをありがたがってるだけだろ?」

    と思ってたんですが、おもしろかった。



    まずは映像の話になっちゃうんですが、凄かったです。


    スターオーシャンに出てくる未開惑星とかこんなかなと思いました。

    変な植物があっただけでも気持ち悪いってのに、動物とか絶対に無理ですね。

    こんな所生身で歩き回るとか正気の沙汰じゃないです。




    って感じで、映像面はかなり綺麗でした。
    3Dでさらに迫力があったんですけど、それを差し引いても十分なクオリティだと思います。



    ストーリー面も、面白かったです。
    まあ結構王道的な部分があるんで、そういうの嫌いな人は飽きるかも。

    でも俺はこういうSF設定大好きですし、最後まで楽しめました。




    とりあえず見て損は無いと思います。

    FC2blog テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

    【2010/01/31 23:27】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |

    メディアファクトリー
    発売日:2002-02-22








    心に傷を負った主人公達が、奇異と懐疑の目に晒されながらも生き方を見つける物語。


    尺が3時間半と長い上に、胸を締め付けられるような痛みがずっと付いて回るので、結構見るのに体力を使う映画でした。

    でも良い映画だった。


    「凄く面白かった!」
    って感想は湧いてこないけど、


    ただ
    「きっとこれで良いんだろうな。」
    という納得があります。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2009/09/26 12:58】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |
    HYDE Gackt 王 力宏
    松竹ホームビデオ
    発売日:2004-09-25







    結構面白かった。

    アクションシーンがいまいちだけど、メインはそこじゃないからあんまり気にならない。

    むしろ気になったのはHYDEの芝居がかった演技かな。





    普通に裏社会の不条理とか、その中でも生まれる友情だとかを描いた作品だと思ってたし、事実その通りではあったんだけど、まさかあんな要素が絡んでるとは思わなかった。
    だからムーンチャイルドか。

    前情報ほとんど無しで見たんで、軽くびっくりですよ。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2009/07/25 09:36】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |




    戦争の悲惨さ、軍の過酷さ等を描いた反戦作品なわけですが、数あるパロディ作品のせいで笑いが込み上げてこないか心配でした。
    見る前までは。


    でも見始めたら笑うどころじゃないですよ。

    戦争そのものの歪みや、そこに関わる人の狂気がリアルに表現されていて、気持ち悪くなるくらいです。




    俺はまずベトナム戦争って何だっけ?って感じだったんでちょっと調べながら見たんですが、どういう戦争だったか知らなくても表現されてる内容というのは読み取れるので問題無いかも知れません。




    戦争の悲惨さや悲劇を描いた映画は数あれど、ここまで戦争の醜さ、兵士の狂気を描いた作品は珍しいんじゃないでしょうか。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2008/11/17 21:57】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |
    カート・ウィマー
    アミューズ・ビデオ
    発売日:2003-10-24





    いろんな作品で元ネタになってるようなので、これは見なければと思い見てみました『REBELLION-反逆者-』。

    原題は『Equilibrium』っていうみたいですね。


    薬により感情を抑制された社会。

    感情違反者を取り締まる立場である『クラリック』の主人公が、あることをきっかけに薬を止め感情を取り戻し、上層部に反逆する。

    あらすじで書いてしまうとありがちなストーリーに見えますが、それだけでは無いドラマがあり、さらに一番の目玉、GUN=KATAの流れるような動作が綺麗でかっこ良かったです。



    お気に入りのシーンは、最終決戦もなんですがそれよりもその前のザコ戦。

    最初に廊下の床にマガジンを投げて何をするのかと思ったら、銃撃戦の途中でそのマガジンを装填!

    あれは笑った。

    何でマガジンしっかり立ってんだよ。w



    かっこ良くて笑える隠れた名作リベリオン。お薦めです。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2007/09/02 22:34】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |
    SAW ソウ DTSエディション/ 角川エンタテインメント (2005/03/11)






    SAWシリーズ、やっとSAW3まで見ました。

    これで完結。



    23も面白いんですが、やっぱり1作目には遠く及びませんね。


    1作目のSAWは本当に面白かった。



    これを超えるサスペンスは無いとさえ思える程。


    凄く良く練りこまれたストーリーでした。


    ただ、一人では見ない方が良いです。



    出来れば、皆でワーワー言いながら見るのが良いです。



    ---------------------------------------------
    3作で終わりだと思ったらSAW4出ちゃいましたね。

    まだ見てませんが。


    ----------------------------------------
    SAW4見ました。

    情報量が多くて、もう登場人物の顔や名前を覚えるだけで大変です。

    しかし後から分からない所が出てきても、もう一度見直すほどの気力は無い。
    (--;)



    -------------------------------------------------------------
    SAW5SAW6未見。

    FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

    【2007/06/17 11:38】 | 実写映画、ドラマ等
    トラックバック(0) |